記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレッチについてあーだーこーだ

今回はストレッチについて今まで自分がやってきたことと、いろいろ聞いたことと、いろいろ考えたことを少し書きます。

結果的に私はストレッチをあまりしなくなりました
めんどくさいからです(本当です)。

筋トレはやってます。
ヨガマットやフォームローラーを使った筋肉の硬いところをほぐすというのはやってます。
”筋膜リリース”とはあえていいません。
筋膜リリースというものを素人の私ができているかわからないからです(たぶんできていません)。



さて、ストレッチの話に戻りましょう。
ストレッチをあまりしなくなったのは、おおよそ以下の内容に集約されています。

[ストレッチの種類]
ストレッチには色々あります。

例えば、静的ストレッチ

静的ストレッチといえば誰もが知ってるストレッチ方法の一つです。
体を静止状態にし、反動を使わずに関節の可動域を段階的に増加させながら、筋肉を伸ばし数十秒ほど保持する方法です。グググッ。

この静的ストレッチですが、筋肉が緩みすぎて力が出にくくなるといわれています。
適切な量(時間)であればさほど影響はないのですが、やりすぎると伸びきってしまい、神経ニューロンの活動が不十分となり瞬発力が低下するようです。

やるならクールダウンのときにしましょう。とのことでした。
トレーニング前やレース前にやってる方、いますよね?(ドキッ)


ほかにも動的ストレッチバリスティックストレッチといったものがあります。
動的ストレッチは反動を使って強い力でやる方法ですね。ばいーん!

バリスティックストレッチは動的ストレッチの一種で、
反動を段階的に強くしていく方法です。ぼよよん、ばいーん!

はい、次の話題にいきましょう。

[伸張反射]
ストレッチを語る上で(実施するうえでも)”伸張反射”を理解することが大切です。

伸張反射とは筋肉がもつ作用の一つで、勢いよく筋肉が伸びるような刺激に対して(ストレッチで筋肉を伸ばす動作)その筋肉が収縮する体の反射反応です。

簡単に言うと”勢いよく伸ばすと自動的に筋肉を収縮させようとする”ということです。
この動作や反応は脊髄や神経系が深く関係しています。
伸張反射は、信号が脳に到達する必要なく行われるため非常に早い反応だそうです。

で、なんでそんなことが起こるかというと、体を守るためです。守りたいんです。
このあたりについてもっと詳しく知りたい方は調べてみてください(展開が面倒)。

さて、伸張反射ですが、何がいけないのでしょうか。
わかりますか?

答えは”筋肉が硬くなる”のです。

そう、ストレッチで筋肉をやわらかく、伸ばそうとしているのに硬くなってしまうのです。

ストレッチを強くやれば、伸びてる感じがして非常に気持ちがよいのですが、伸張反射がおこってしまうと、気持ちい~伸びてる~と感じていても、実は硬くなっているということがあります。

そもそも伸ばすということに異変を感じた人はいろいろと調べると幸せになれます。
長さが変わらないように起こっている反応が伸張反射なのですから。(筋肉と筋膜のお話も面倒なので割愛します)

大体そんな感じです。

[まとめ]
ストレッチを簡単にまとめてみたよ。

静的ストレッチ
:伸張反射がおきにくいよ、筋力低下のリスクがあるよ。
動的ストレッチ:筋肉の弾性や関節の可動域を高めるけど、伸張反射のリスクあるよ。
バリスティックストレッチ:伸張反射を助長して行う。急激な反動で怪我のリスクがあるよ。


さて、ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。
上の内容を読んでストレッチに対してどう思ったでしょうか。
今までの考えと変わりましたか?変わりませんか?

いずれにせよ、ここに書いてることが本当に正しいのかどうか、興味がある人は調べたり詳しい人に聞いてみてください。(有意義な情報があればこっそり教えてくだいさ)

そのうえで自分に必要な、適切なストレッチ方法を実践してみてください。
ストレッチが不要だと思うのであればする必要もありません。

少し身近な存在でいうと、J Pro TourやJ Elite Tourといわれる実業団レースを走っている選手に各種ストレッチを行ってるかどうか、どんなことをやっているか聞いてみると面白いかもしれませんね。

ヨーロッパで走っているプロ選手はどうなのでしょうか?気になりますね。
誰か知りませんか?

とりあえず調べるのが面倒という方は、以下のやってはいけないストレッチの本を読んでみてください。考え方が変わると思います。(ついでに私にお小遣いが10円ぐらい入ります)

おしまい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がんちゃん

Author:がんちゃん
Twitter:@K_Kuota

TRAILBLAZER(トレイルブレイザー)@JBCF代表

主にレースやトレーニング、ロングライドや自転車グッズの事などを書いています。


ホームコースは葡萄坂。
パワトレを頑張ってます。
他に登山やフリークライミングもします。

愛車:
*ロード
   Diamondback Podium Equip 2016
   KTM Revelator Elite 2015
   NEILPRYDE BURA sl 2013
   Kuota Kharma 2009
*CX
   KONA JAKE ブルー 2007
*クロスバイク
   Giant Escape R3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。