記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の旅を考える その1

北海道を自転車でめぐる覚書的な。

hokkaido_map1_l.png
ニセコ(温泉
宗谷岬
オロロンライン
美瑛青い池
富良野ラベンダー
JR稚内→旭川3時間
利尻島一周55kmおこっぺ牛乳
帯広豚ドン
十勝清水 牛トロ丼

【道+絶景=北海道】これ公式!サイクリングおすすめスポット20選
https://retrip.jp/articles/43964/



[シクロエクスプレスについて]
シクロエクスプレスってのは自転車を運送してくれるサービスのこと。
自宅や指定した場所にとりにきてもらい、指定した場所に送ることができる。
→http://cycloexpress.co.jp/


必要なものはハードケース。有料だが配送キット(3400円税別)も用意されている。
配送量は場所にもよるが片道3500円~4500円程度。
往復割引もあり、6000円~8000円ほどとなる。

過去に数回使用したことがあり、
幕張のホテル→宮城のホテル→大阪の自宅といった変則的な指定にも対応してもらえた。
(ハードケースは大阪から持参)

北海道旅で、大阪-北海道のアクセスをいろいろ考えていた。
飛行機で行った場合どうすればいいか。とか、帰りだけ飛行機の場合はとか。

で、帰りだけ飛行機といった場合にハードケースは持っていかないため、配送キットを調達する必要がある。
そこで、配送キットを空港で受け取れるか確認したところ、なんと千歳空港(おそらく新千歳空港のことを指しているはず)
であれば、クロークサービスで対応可能とのことだった(北海道の話はしていないのにピンポイントでここだけならOKらしい)

クロークサービスは確か大型820円だ。配送キットを最終日のホテルではなく、空港のクロークサービスで
受け取れるというのは行動の自由度が上がり、かなりいいのではないだろうか。

飛行機であれば、移動時間がかなり減る。フェリーだと丸1日かかるし、特段安いわけでもない。
新幹線はとにかく高い。3万円オーバーだ。自転車を持ってかえるのも大変だ。

飛行機なら安ければ1万円そこらであるし、そこに自転車配送料金4000円程度たすだけで、家まで送り届けてくれる。
もちろん日数はいるだろうから短くても2日程度は自転車に乗れないことになるが。


というわけで、大阪-北海道間は時間がないなら飛行機が良いなと思うのであった。

いや、まぁ時間に余裕があるならゆっくりフェリーで帰りたいとかは思うんですけどね。

あとトワイライトエクスプレス・・・・ないか。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がんちゃん

Author:がんちゃん
Twitter:@K_Kuota

TRAILBLAZER(トレイルブレイザー)@JBCF代表

主にレースやトレーニング、ロングライドや自転車グッズの事などを書いています。


ホームコースは葡萄坂。
パワトレを頑張ってます。
他に登山やフリークライミングもします。

愛車:
*ロード
   Diamondback Podium Equip 2016
   KTM Revelator Elite 2015
   NEILPRYDE BURA sl 2013
   Kuota Kharma 2009
*CX
   KONA JAKE ブルー 2007
*クロスバイク
   Giant Escape R3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。